風俗嬢のスカウトをやっていますが女の子を探すよりも風俗にいくことが楽しくなってしまいました・・・そんな私の風俗体験談を御覧ください!

風俗の興奮こそ待っていたもの

なんとなく毎日を惰性で過ごしている自分にとって、風俗くらいしかドキドキするものがないんですけど、前回のデリヘルの興奮は自分自身待ち焦がれていたものなのかもしれません。とにかく興奮させられました。むしろあそこまで興奮するとは思っていなかったって言った方が良いかもしれません。実際問題、自分で言うのもなんですけど彼女をホテルで待っている時点で我慢汁が出ちゃっていましたから(笑)正直、そんなの自分でも初めての事ですよ。ある程度風俗ってサービスには免疫があるっていうか慣れているのにですよ。でもその興奮こそ自分自身が待ち焦がれていたものなのかもしれません。シャワーを浴びる際、服を脱ぎますけどそれがまたとっても興奮しました。下着姿の彼女を見た瞬間自分の中でスイッチが入ってしまったかのような気になりましたからね。もちろんプレイに関しても満足です。シャワーの段階でお尻をこすりつけてきたのでついつい発射しそうになっちゃいましたが(笑)

新感覚の風俗でしたね

これまでいろんなジャンルの風俗を利用している自分でさえもオナクラを利用した時には「新感覚の風俗だな」って思ってしまいました。何がそんなに新感覚なのかって、従来の風俗とは一味違うというか、そのお店では女の子は基本的に見ているだけなんです。普通、女の子が裸になってあれこれこちらを刺激して発射まで導いてくれるものじゃないですか。でもそうじゃないんです。そのオナクラはただ見ているだけなんです。そんな彼女を前にしてこっちは一人で下半身を剥き出しにしてしごいているんです。文字にするだけでも何だかちょっと恥ずかしい気持ちになってしまいますよね(笑)でも実際にそれをやってきたんです。羞恥心とかいろいろとありましたけど、次第にどんどんのめり込んでいくっていうか、気付いたらこっちもどんどん興奮していって、最後は思い切り彼女に向かって発射しちゃいました。オナニーしてただけって言われるかもしれないですけど、それこそあんなオナニーは初めてですよ…。

風俗は夢空間なんですよ!

男にとってというか自分にとって風俗って空間はまさに夢のような空間です。現実では絶対に出来ないような事を楽しむ事が出来るんですから。だからこそ自分は風俗が大好きなんですけど、中でも一番好きなのはイメクラなんですよ。イメクラは一度利用してみると分かると思うんですけど、不思議な空間なんです。自分ではあるけど自分ではない。普通に楽しむんじゃなくてちょっと設定があるだけでこっちの気持ちが全然違うものになるんだなって事に気付かされますからね。これがまた楽しいんですよ(笑)客観的にというか、もしも第三者が見たら呆れてしまうかもしれないですけど第三者に見られるような事はないですからね。密室で女の子と二人でいつもとは違う自分になって楽しむんです。それが何よりの気分転換にもなりますからね。そこでいろいろと楽しむ事で自分自身気付かされる事もあるんですよ。例えばですけど、自分はイメクラに通うようになってS気質なんだなとか。

風俗でこそ味わえる事

女の子に抜いてもらいたいって衝動に駆られたら風俗に行くようにしているんですけど、最近ではお店よりもデリヘルの方がいいかもしれないですね。優劣の問題というよりも自分の性格に合っているような気がするんですよ。好きな時に楽しめるのはもちろんの事、プライベート感というか女の子と遊んでいるかのような気分を味わう事が出来るんですよね。風俗店だと女の子って衣装ですけどデリヘルだと私服でやってきますから。それこそ会ってから間もない女の子と裸になってあれこれするんです。これこそデリヘル冥利というか、デリヘルじゃなければ出来ない事ですよね(笑)まるで自分がプレイボーイにでもなったかのように女の子を選ぶ側にもなれるんですから、自尊心も満たせます。結局は風俗ってそういった事も大切だと思うんですよね。性欲だけを満たしたいのであれば自分で簡単に出来ちゃうんですから。それでも女の子に頼むのは、自尊心なんじゃないかなって。